住宅ローン審査の特徴

top

住宅ローンの審査の傾向

低金利の時って、貯金しても楽しくないけど、借入がある人だと金利が少ないからちょっとホッとしますよね。 そんな状態がもう何年も続いてきた日本ですが、低金利時代の住宅ローンの審査の傾向としては、審査が厳しくなって、住宅ローン審査に落ちる人が増加するそうですね。

なぜ審査が厳しくなるのかというと、金利が低いとどうしても金融機関の儲けが少なくなっちゃうので、儲けが少ないのに貸し倒れなんて出したら大変だということで、審査を厳しくするみたいです。 だから低金利の時の住宅ローンの審査の傾向としては、かなり厳しく、借入できなくてマイホームを手に入れられない人が続出していたんでしょうね。

でも審査が厳しくて借入しにくい状況だと、借入する人が減ってしまうため金融機関の利益も減るという、最悪のケースに・・。 いわゆる負のスパイラルに陥るようですね。 経済って難しいですね。 あっちが良ければこっちがダメになり、最終的には共倒れ・・なんてことにもなりかねないんですから。 これからはアベノミクスの成果で金利は上昇傾向になっていくと思うから、住宅ローン審査も少し緩和されるんじゃないでしょうか。

ただ、金利が上昇するってことは、変動金利で借入している人にとっては返済額が増えるということだから、かなり脅威ですけど・・。

Copyright (C) 借りやすい住宅ローンどこがいい?【相談会開催中】 All Rights Reserved