リフォームローンの審査内容

top

リフォームローンの審査基準と難易度は?

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税を控除することができます。

控除の申告をするとその年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が指定されていて定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下である必要があります。

ご存知の事とは思いますがリフォームローンの金利相場は市場金利によって変わっていきます。

担保の有無によっても金利が変わり最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上下に関わらず、金利が一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる固定金利選択型があります。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工する業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

工事料金についても施工業者によって大分違いますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

工事業者選びを失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

オリコのリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームローンの金利というものは金融機関によってそれぞれ異なります。また審査の内容もそれぞれ違いますからできるなら条件が良くて借りやすい銀行でリフォームローンの申込みをすることをおすすめします。

参考:リフォームローンの審査内容と借りやすさは?【審査通りやすい銀行は?】

低い利率では1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない借りやすさは変わって来ますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円以内がほとんどです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

無理のない返済額を事前にシミュレーションすることが大切です。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はまずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

あるいは、勤続年数や雇用形態(正社員・契約社員など)に問題があった可能性もあります。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。

キャッシングの返済など、きちんとクリアにすることがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

リフォームローンのシミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると月ごとの返済額が即座に算出されますよ。

個人情報の登録をせず試算することができますのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑ですので積極的に利用することをお勧めします。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型に比べて不便に感じる点も多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

しかしながら、住宅事情は人それぞれで条件等異なるので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、低額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

 

リフォームローンの審査に通るには?

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査が厳しい傾向にあります。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまいその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額というのは業者が作成する見積書などによって確定となりますので余るケースは稀ですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとして【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年の10月には新商品のフラット35リノベが登場しました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

リフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団信(団体信用生命保険)の加入が可能か否かや事務手数料などの諸費用や審査内容もも比較要件となります。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

 

Copyright (C) 住宅ローン相談会開催中 All Rights Reserved